第六話:快勝
西進を開始した項梁は、まず亢父(こうほ:現在の山東省)を攻め、これを落とした。

続いて北上して東阿(とうあ:現在の山東省)に転戦し、秦軍を大いに破った。



しかし、ここで項梁は軍を留めた。

何故だか理由はわからない。

彼はここで別働隊を作り、軍を二手に分け、

一方を項梁直属軍にし、もう一方を項羽・劉邦に率いさせた。

そして、自分は東阿に残留し、項羽・劉邦に城陽(じょうよう:現在の山東省)を攻めさせた。



何度も繰り返すが、なぜここで項梁が兵を留めたかはわからない。

多分、驕慢になっていたのだろう。あまりにも秦軍が弱すぎたから・・・。

この決断によって、項梁の運命が決まろうとはまだ誰も知らなかった。

いや、一人だけ知っている男がいた。

秦軍総大将・章邯(しょうかん)である。

彼は正規軍の実力を隠し、項梁の慢心をずっと待っていたのだ。

項梁が慢心し兵を分散させたとき、すかさず秦全軍をもって撃滅する作戦だったのだ!


別働隊を率いた項羽と劉邦はよくやった。

城陽を簡単に屠り、

西進して濮陽の野で秦軍と戦った。

しかし、野戦で項羽にかなうわけも無く、

秦兵は敗走して濮陽の城に立て篭もった。

項羽・劉邦は、

濮陽は再起不能と見て、一転、定陶を攻めた。

しかし定陶は守りが堅く、

項羽をもってしてもなかなか落ちない。

無駄足を嫌った項羽・劉邦は、

さらに西進し雍丘を攻めた。

雍丘は秦の丞相・李斯(りし)の息子、

李由(りゆう)が守っていたが、

項羽・劉邦軍に木っ端微塵に砕かれ、

李由は捕まり斬首された。

なんと、秦の丞相の跡取り息子を斬ったのである。

この報は早速項梁の下に知らされた。

項梁は狂喜した。

楚を滅ぼす策を出したうちの一人が李斯であるという。

その息子を斬ったのだ。

項梁は「もう秦軍は再起不能である。」と思い、ようやく東阿から腰をあげた。

項羽・劉邦が落とせなかった、定陶に向かったのである。


定陶は簡単に落ちた。

李由を斬り意気揚がる楚兵と、守っても李由が助けに来ない秦兵では、勝負は明らかだった。


項梁は、定陶に居座った。

しかし、これをてぐすね引いて待っていた男がいた。

そう、章邯である・・・・・・・・

第七話へ行く

HOMEへ