けん為盛道妻者、同郡趙氏之女也、字媛姜。
けん為郡の盛道の妻は、同郡の趙家の娘であった。
字は媛姜といった。

建安五年、益部亂、道聚衆起兵、事敗、夫妻執繋、當死。
媛姜夜中告道曰「法有常刑、必無生望、君可速潛逃、建立門戸、妾自留獄、代君塞咎。」
建安五年(200年。曹操と袁紹が官渡で戦った年)、益州は混乱した。
盛道は兵を集めて挙兵したが、失敗し、夫婦ともに捕えられ縛られた。
夜中、妻媛姜は夫に告げた。
「法には決まった刑罰があり、助かる見込みはまったくありませぬ。あなたはすぐにこっそり逃げて、家を興してください。
わたくしは牢獄に留まり、あなたの代わりに刑罰をうけます。」

道依違未從。媛姜便解道桎梏、為齎粮貨。子翔時年五歳、使道攜持而走。
盛道は妻の言う通りにはしなかった。
そこで媛姜は素早く夫の枷を外し、食料と銭を包んで持たせた。
盛道の子、盛翔は五歳であったが、盛道に手を引かせて逃がした。

媛姜代道持夜、應對不失。度道已遠、乃以實告吏、應時見殺。
媛姜は夫に代わって、一晩中騙し通し、応対は落ち着いていた。
盛道が遠くまで落ち延びた頃を見計らって、ようやく真実を獄吏に告げた。
媛姜は即座に殺害された。

道父子會赦得歸。道感其義、終身不娶焉。
その後、大赦があったので、盛道父子は故郷に帰ることができた。
盛道は妻の義に深く感じ入り、二度と妻を娶らなかった。


漢籍完訳プロジェクトIMAGINE このコンテンツはIMAGINE計画に参加協賛しています。
最新のIMAGINE同盟規約は http://mujin.parfait.ne.jp/treaty.html に掲載されています。
【著作権者】おばら