第四話:趙反乱軍を完全包囲




陳勝・項梁と、反乱軍首魁を次々と斬った秦軍はその余勢をかりて趙へ向かった。

趙では武臣が王位にあったが、実権は張耳と陳余が握っていた。

章邯は、趙を実質支配する張耳陳余を甘く見ていなかった。

彼らは秦最盛期から命懸けで反秦運動を行っており、その影響力は無視できなかったからである

章邯は攻め寄せる前に趙を弱体化させる策を考え、実行した。

趙王武臣の将軍の李良に、「二世からのものだ」と偽って手紙を送ったのだ。

その内容には、「お前は朕に仕えて高位に登り寵愛を得た。李良よ、もし趙に叛き秦に戻るならば、

罪を赦し再び高位につけることを約束する。」と記されていた。


李良は狐疑して容易には信じなかったが、結局反乱を起こした。

不意を衝いて趙の都邯鄲を襲い、趙王武臣を殺した。

しかし、張耳陳余は取り逃がした。人々が匿ったからである。

章邯の心配は当たった。張耳陳余は真に趙人の心を掴んでいたのである。


張耳陳余はすぐさま散り散りになった趙兵をまとめ、瞬く間に数万の軍勢を手に入れた。

李良はこれを攻撃したものの惨敗し、章邯のもとへ逃げ込んだ。


章邯は、改めて張耳陳余の恐ろしさを知った。

************  ************  *************  ************


章邯軍は邯鄲に入城した。

趙都であった邯鄲は、天下有数の要害であった。

章邯は「今後も邯鄲に籠っての反乱があるだろう。」と思い、

住民全員を強制移住させ、

秦兵20余万を土工に変身させ、邯鄲の城壁を徹底的に破壊した。

邯鄲は野となった。


章邯は、張耳陳余が籠る信都に進軍を開始した。

信都では「章邯来たる」の報が広まると動揺が走り、

張耳は鉅鹿に逃げ、陳余は北方に兵を集めにいった。

章邯関係地図


しかし章邯はなおも慎重で、鉅鹿から少し離れた棘原に布陣し、

鉅鹿には将軍王離(名将王翦の孫)、蘇角、渉間を派遣し、完全包囲させた。

そして章邯は秦兵をまたもや土工に仕立て上げ、

黄河から鉅鹿の秦陣地に至るまで甬道(城壁付きの食糧輸送専用道路)を築かせ、

包囲軍に兵糧を送り続けた。

(管理人思うに、章邯の軍事能力の恐ろしさは甬道を開通させたことを見ても判る。

こんなことを考えた人物は彼以前には存在しなかった。)


鉅鹿は兵糧が尽き、悲鳴をあげ続けた。

張耳は自らの外交能力をフルに働かせ、斉・燕・代・楚に出兵を要請した。

果たして、各国反乱軍はやって来た。陳余も北方で集めた兵を率いてやって来た。


が、これこそ章邯の思う壺であった。

章邯は、鉅鹿城外に各国反乱軍をすべてを集め、

鉅鹿を落とした後にすべてを叩き潰すつもりだったのだ!




各国反乱軍は、鉅鹿を囲む秦正規軍を見て戦意を喪失した。

甬道は延々数十キロにわたって続き、兵糧は次々と運び込まれ、

20万の兵士が整然と陣を構えていたからである。


各国援軍は秦軍に比べると、どこも少人数であった。

彼らは章邯軍の手の届かない場所に陣を築き、どうやって怪我を避けるかしか考えなかった。

陳余もまた、戦意を喪失し鉅鹿陥落見物を決め込んだ。

張耳は激怒し決死の使者を出したが、陳余は人変わりし出兵を断った。



こうして、遂にすべての反乱軍が鉅鹿に集まり、章邯の反乱軍討伐は終ろうとしていた・・・


第五話へ行く

HOMEへ